読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

midqqのブログ

マンガとSF、時々テクノロジー。その他、雑多に書き綴ります。

電子書籍読み放題サービス「Kindle unlimited」 ファースト インプレッション

Kindle

2016年8月3日、電子書籍の読み放題サービス「Kindle unlimited」が日本でも開始されました。 

各IT系サイトの記事と、Amazonのサイトをざっと眺めてみたファースト インプレッションを書いておきます。

どんなサービスなのか?

ascii.jp

 Kindle Unlimitedの対象作品は、雑誌の最新号を除くと新刊と呼ばれるものは少なく、どちらかといえば過去のベストセラーや往来の名作などをそろえています。イメージとしては「本屋の本がどれも定額で読めるようになった」というわけではなく、「会員制の貸本屋ができた」というのが正しい認識だと思います。  

言いえて妙です。Amazonのサイトをざっと眺めてみたのですが、読んでみたいと思っている本はあまり目につきませんでした。私はKindleを利用して結構経ちますので、すぐに欲しい本はすでに買っていることが多いです。ですから、気になるポイントは、「価格が安いなら読みたい本」が対象になっているかです。

今のところは、そういった本は少ないようですので、月980円の価値があるかと言うと、微妙なところです。ただ、引用に書かれていますが、過去のベストセラーや往年の名作はちらほらとあるようで、時間があれば読みたい本は結構あります。

 

流行る? 

www.itmedia.co.jp

 Kindle Unlimitedをカテゴリー別にみると興味深いことがわかる。アダルトが圧倒的に多いのだ。カテゴリーでいうと、文学・評論の1万9808冊に次ぐ1万8629冊。ノベルからコミックス、雑誌まで幅広くカバーされているようなので、月額980円読み放題は、そこから火がつくと想像できる。これは流行る。

出た!ビデオデッキの法則w

過去、ビデオテープを使って録画と再生をするビデオデッキと言う機器がありました。表向きは、テレビ番組を録画できるのが売りだったはずですが、普及を後押ししたのはアダルトビデオだったというのは有名な話です。(ソニーのベータマックス規格は、アダルトを禁止したため、VHS規格に負けたらしい。)

Amazonのアダルトコンテンツは独自の制約を設けているので、アダルト専業のコンテンツよりソフトですが、例えばヌードグラビアが見放題なのは、悪魔のささやきに等しいでしょう。しかも、アダルトの写真集だけで7,475冊もあるんですから!

いつのまにか流行っているでしょう。

副次効果に注意

internet.watch.impress.co.jp

 米国の実績では、利用者の読書時間が30%増えている上、非Kindle Unlimited会員向けの単品販売での購入額も、同様に30%増となるという。これは、Kindle Unlimitedの提供作品が、単品販売と同様にランキングやおすすめ機能にカウントされるため、非会員への単品販売の促進につながるとのことだ。

 Amazonのサイト自体がそういう作りなのですが、読みたい本が決まっていなくて、なんとなく良いものがないかと、だらだら探すのには不向きです。

カテゴリからたどっていくと、Kindle unlimitedに一部の有名出版社が参加していない、書籍も一部に限定されている、たぶんKindle KDPとおぼしき書籍がちらほら目に付くことから、時間があっても読む気すら起きない本が大量に混ざってきます。玉石混交で選択肢が多すぎる、情報過多な状況はなんとかならないでしょうかね。

お金を出された本から、読まれた本にランキングが変わってしまうけれど、どうなるんでしょうか?

まとめ

空前絶後、とんでもない黒船サービスは言い過ぎ。街の本屋さんが大量につぶれるとか、ほかの電子書籍サービスに大打撃とか、一因にはなるけど、主因にはならない程度には素晴らしいサービスだと思います。

  • すべての本が定額で読めるわけではない。(新刊、コミックなど)
  • 一時点では10冊まで。

爆発的にとはいかないものの、気が付けば大量の会員を抱えているサービスになっていそうです。

 

興味のある方は、以下のリンクからどうぞ。 

「Kindle unlimited」読み放題 30日間の無料体験を始める