読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

midqqのブログ

マンガとSF、時々テクノロジー。その他、雑多に書き綴ります。

おいっちゃんと茶々のふくれっ面に和む日々 ~ 石井あゆみ 「信長協奏曲」 14巻

「はい、そんな顔してもダメでーす。」

サブロー(信長)から窘められて、おいっちゃん(お市)がするふくれっ面、可愛らしくて大好きです。14巻では、茶々のふくれっ面も見られるので、最高です!

 感想

原作マンガの他に、アニメ、実写ドラマ、実写映画とあるようですが、わたしが見たことがあるのは原作マンガのみです。という事で、感想は原作マンガによります。

さて、14巻は、一時期の信長包囲網が緩んだものの、反乱が相次いだことで信長軍が苦戦している時期です。史実では三木の干殺しや上月城落城の悲劇など凄惨な出来事が発生しています。

ところがその辺は話題に上るだけで、角力大会と脇役のお話がメインとなっています。戦国時代好きからしたら物足りないかと思いきや、長可と犬千代の角力対決を軸に、今回、脇役たちの話も掘り下げられているので、ますますこの物語にのめり込めます。

安国寺恵瓊が出てきたり、秀吉が毛利と絡みだしたりと、本能寺の変に向けた匂いがあちこちに立ち込めてきて、いよいよ先が気になりだしてきました。侍女のおゆき、蘭丸、おいっちゃんと三姉妹、そして光秀と、サブロー(信長)に入れ込んでいる人たちの今後の動きも気になります。

物語が終焉?に向けて動き出したと感じる、そんな物語を読み進めるのはものすごく楽しいです。そんな巻でした。

 

信長協奏曲の原作コミックはこちら

  

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック