読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

midqqのブログ

マンガとSF、時々テクノロジー。その他、雑多に書き綴ります。

なんじゃこりゃ!?(驚愕) ~ Kindle Paperwhite マンガモデル発売

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

Amazon電子書籍リーダー「Kindle Paperwhiteキンドル ペーパーホワイト)」マンガモデルが発売!!!

  • 容量が8倍の32GBに!
  • 日本限定発売
  • マンガのページめくりが33%スピードアップ!
  • そのほか、もろもろマンガ好きにぴったり(AmazonKindleページをご参照ください。)

 

Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ブラック

Amazon電子書籍リーダー Kindleキンドル)の弱点は、マンガの閲覧なんだよな。それが、改善されたってことは買うしかない!!

さっそく予約注文を。ぽちっと・・・

あれ?

待てよ?

なんじゃこりゃ!?(驚愕)

 

衝動的に予約注文してしまうところでしたが、ぎりぎりで思いとどまりました。

 

なぜかと言うと・・・

という事で、まとめてみました。(ツンデレ型記事)

 

Kindle でマンガを読む?

電子ペーパーの特性と、画面サイズが6インチと小さいため、他のタブレットなどと比べると、Kindleでマンガを読むのは、少々、つらいところがありました。

筆者は重度のKindleユーザーでございますので、マンガも数百冊レベルで購入して、しっかりと読んでいます。

そのマンガの読みづらさが、劇的に改善されたのかと飛びつきそうになりましたが・・・

 

マンガモデルと通常モデルの違い

Amazonサイトの「Kindle電子書籍リーダーの比較」表を見ていて、なんだかKindle Paperwhite マンガモデルと通常モデルは、ほとんど同じだなと気が付きました。

あれれ??

Kindle Paperwhite マンガモデルと通常モデルの何が違うのか、表などから挙げてみましょう。

  • マンガモデルが2000円高い
  • マンガモデルには、無料3G付きが無い
  • マンガモデルの容量は32GB(通常モデルは4GB)

ディスプレイの仕様とか、サイズ、重量などは全く同じ。「マンガのページめくりが33%スピードアップ!」するはずだけど、ハードが同じみたいなんですが??

 

ソフトウェア的に改善!

な、なんとソフトウェア的に、マンガのページめくりのスピードをアップさせるとのことです!

従来のKindleも、同じくスピードアップするんです。Amazonサイトの従来モデルのページにもしっかり書いてありました。

自動アップデートされる最新のソフトウェアにより、マンガのページめくりのスピードが33%アップ、ピンチ&ズーム機能がご利用いただけるようになります。

  • 快速ページターン、連続ページターン
  • ピンチ&ズームで拡大も簡単

 これはうれしい誤解でした。

ただ、うちのKindleは第5世代の古いやつだから対応されるかは分かりませんが(泣)

 

容量の増加は、マンガを読むにはうれしい

Kindleでマンガが読みづらい原因の一つに、Kindle端末の容量が小さいことがあります。マンガ本は容量を取るので、Kindle端末に一度に保管できるのは数十冊くらいです。マンガは読むスピードが速いので、Kindle端末にある分くらいはすぐに読み終えてしまいます。Wi-Fiにつながる環境にいないと、その時点で読書は終わりになってしまいます。

もしWi-Fiにつながっていても、マンガ本をKindle端末に取り込むには、1冊あたり数分かかります。何冊も入れ替えると、それなりに時間がかかります。*1

マンガを読みやすくするためには、画面切り替えがもっと早い電子ペーパーにするとか、画面サイズを大きくする製品*2も考えられるのですが、日本限定で売れる台数からして実現は難しいでしょう。容量の増量とソフトウェア的なページめくりのスピード改善は、良い落とし所の製品改良だと思いました。

 

GIZMODEの記事について

あんまり大したことではないのですが、GIZMODE(gizmode.jp)記事中の『従来の「Kindle Paperwhite」』とされているKindleは、最新のKindle Paperwhiteではなく、一つ前の第6世代のようです。

マンガモデルで解像度の向上や、色合いが白っぽくなったと触れられていますが、「Kindle Paperwhite」の第6世代と第7世代の違いで、マンガモデルと通常モデルの違いでは無ようです。

www.gizmodo.jp

なお、Amazonのサポートページの電子書籍リーダーの見分け方からの推定ですから、この指摘には何の責任も取れないですけれど。一応、気づいたという事で、こちらが間違っていたら、ご容赦ください。

 

Amazonのサイト 『ヘルプ > Amazonバイスサポート > 電子書籍リーダーの見分け方』のページより(Amazon.co.jp ヘルプ

前面のKindleロゴが銀色、背面のAmazonロゴがエンボス加工されていない端末は、Kindle Paperwhite(第6世代)と思われる。第7世代とマンガモデルは、同じ世代にくくられて特徴が説明されている。

 

まとめ

Kindle Paperwhite マンガモデルは、Kindle Paperwhite 通常モデル Wi-Fiのみ版容量が増量されただけの製品と言えます。

従来モデルでも対応される33%のスピードアップと連続ページターンを実際に見ていないので、言い切るのは難しいのですが、マンガを読むための電子書籍リーダーとしてKindleは、まだまだ厳しいと思っています。今回、少しは改善されたのですけれども。

 

とは言え・・・マンガにこだわらなければ、現時点(2016年10月)のKindleのベストチョイスは、このマンガモデルです!

ちょっと変なこと言ってますが、断言します。 

midqq.hateblo.jp

  

マンガ以外の読書をする人ついでにマンガを読む人が、Amazon電子書籍リーダーKindleを買うなら、 Kindle Paperwhite マンガモデル キャンペーン情報無しで決まりです!

Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ブラック

Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ブラック

 

 

Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ホワイト

Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ホワイト

 

 

*1:筆者のネット環境は、光回線からのWi-Fi接続

*2:米国では、DXという9.7インチ画面の大型Kindleもありましたが、現行は販売されていません。