読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

midqqのブログ

マンガとSF、時々テクノロジー。その他、雑多に書き綴ります。

名場面であったろう直前で途切れた物語 ~ 芥川龍之介 「邪宗門」

Kindle 青空文庫

未完・・・

邪宗門

邪宗門

 

地獄変」と同じ登場人物が出てくる作品で、ちょい役だった堀川の若殿が主役です。時間軸は、「地獄変」から10年経つか経たないか、それくらいでしょうか。

この小説を自己流に一言で表すと『異教を広める悪役修行者と、平安貴族サイドとのバトル物』になります。高位の仏教僧が、悪役修行者との法力対決に敗れ、いざ主役の若殿登場と言う場面で途切れ、未完になっています。

物語としては、これから!と思われる場面で続きが読めません。芥川龍之介の中期の作品なので、死去による未完と言うより、なんらか理由があって、続きが書かれていないのだと思います。

地獄変」に描かれる人間の業の壮絶さといったものは感じられなくて、娯楽性の高い大衆小説のようです。未完のままでよかったのか、完成していたら芥川龍之介の代表作になっていたのか、解けない謎が残る作品でした。

邪宗門

 

地獄変」の感想はこちら。 

midqq.hateblo.jp