midqqのブログ

マンガとSF、時々テクノロジー。その他、雑多に書き綴ります。

IBM Trusteer Rapportが、Microsoft Edgeの更新に追いついていた件

一年ほど前、こんなエントリを書いていました。Rapportが最新のEdgeに対応していないんだ~って。 

midqq.hateblo.jp

ところが、いつの間にやら最新のEdgeに対応していたようです。ほんと、いつの間に・・・

 

Windows10の最新安定版は、 October 2018 Update(1809)ですが、それを適用すると、Edge HTML 18になります。

Rapportのサポート対象プラットフォームの情報を見ると、サポート対象ブラウザに「Microsoft Edge - EdgeHTML 16、17、18」があります。おおっ。

ただ、IEだとアドレスバーにアイコンが出るので機能しているのが分かりますが、Edgeだとアイコンは出ないようです。どうなんだっ。

www.trusteer.com

Windows 10 October 2018 Update 提供再開だそうです。October?

Windows 10 October 2018 Update の提供が再開されたようです。

forest.watch.impress.co.jp

 

今のところ、致命的な問題は発生していないようです。また取り下げられたら、Octoberどころか、2018年内の提供は出来ないでしょう。もしそうなったら、名前に偽りあり!です。神聖ローマ帝国みたいな、笑い話のネタになっちゃいますね。それとも、改名するのかしら?

forest.watch.impress.co.jp

 

セキュリティソフトのESETは、Windows 10 October 2018 Update に対応済みなので、更新はいつでも来い!です。ただ、手動でのインストールはせず、Windows Updateにまかせる予定です。先の記事にもありますが、提供先に制限をかけているようで、うちのWindowsには、まだやってきてません。気長に待ちます。

 

ところで、ESETのサポート情報がちょこちょこ書き換わっている?

新規に差し替えじゃなくて、更新履歴を残して欲しいものです。以前の情報と何が違うのか、分からなくなってしまうから。

eset-support.canon-its.jp

 

 

(更新)ESET製品の「Windows10 October 2018 Update」対応待ち→対応済

Windows 10 October 2018 Update(Redstone 5、バージョン1809)が、2018年10月2日(米国時間)の提供が開始されたそうですね。

さて、私が気になることと言えば、ESET製品が対応しているかどうか。

eset-support.canon-its.jp

(2018/10/4 23:30 追記)

先ほどサポート情報を見ると更新されていました。2018年8月29日に公開済みのv11.2.49.0が対応バージョンだそうです。対応日が2018年10月4日になっているのが解せないですが、バージョンが上がらないモジュールや検出エンジンの更新で対応できたのかな。

ESETの「インストールされたコンポーネント」でみると、「検出エンジン:18160(20181004)」と、「Rapid Responseモジュール:12950(20181004)」がビルド日2018/10/04になっています。推測ですが、どちらか(または両方)の更新で対応ができたのでしょう。(後日、見られた方は、もっと新しいバージョンになっていると思います。)

という事で、ESETのバージョンアップは不要、自動更新で対応済みになるようです。

ただ、ESETサポートサイトの初期情報(October Updateには新バージョンで対応する)が消えてしまったのは、ちょっといただけないかなぁ。「新バージョンで対応すると告知したが、現バージョンで対応することに変更した」と履歴の形で記載しておいてほしいものです。

ふむ。やはりESET製品を、新バージョンのプログラムにしないとダメか。

まぁ、最近のWindows10大型アップデートでは、ESET製品の更新が必要なので、気を付けるようにはなったけれど。執筆時点で、新バージョンは提供されていない(2018/10/3現在)

 

うーん、Windows10 Updateの手続きは勝手に開始されるので、思わずインストールしてしまうことを何度も経験してきた。だから、ESETもWindows10大型アップデート提供前に対応を完了して欲しいんだよなあ。

midqq.hateblo.jp

midqq.hateblo.jp

ま、対応時期が10月初旬(10日くらい)なので、待つかな。

 

蛇足。他社のセキュリティ製品のサイトをいくつか見てみると、一部不具合が出るとの情報がある製品と、対応情報を見つけられなかった製品に分かれた。対応情報が見つけられなかったのは、該当製品のユーザーじゃないからかもしれない。でも、対応状況をパッと見付けられたら、ESETから乗り換えを考えることがあった場合、ポイントが高いんだけどね。

サマータイム騒動 コンピューターシステムじゃなくてもどうするよ?

なにやら、サマータイム導入の議論が巻き起こってるな。

 

ニュースを見ていると、世論では賛成が多いって・・・

ウソだろ!?

 

お前ら、本当に賛成なんかよ? 東京五輪に合わせて導入するんなら、俺は絶対に反対だ!!!

なぜか? サマータイム導入は、そんな簡単にいかないからだ。コンピューターシステムの対応がとても大変とか、今の電波時計がゴミになるとか、そんなレベルじゃねえ。現代的な生活に、もろに影響するんだぜ。

 

よく考えてみろ。

サマータイムって、どうやって始まり、終わるのか知ってるか?

ある日の午前2時から1時間早まるサマータイムが始まり、ある日の午前2時にサマータイムが終わるとすると、こうなる。

www.tour.ne.jp

 

サマータイム開始

午前1時59分59秒 → 午前3時0分0秒

 

サマータイム終了

午前1時59分59秒 → 午前1時0分0秒

 

いま日本で議論されているのは2時間のサマータイムのようだから、こうかな。(※現在、世界には2時間のサマータイムを実施しているところがないようなので、独自に解釈した。)

 

サマータイム開始

午前1時59分59秒 → 午前4時0分0秒

 

サマータイム終了

午前1時59分59秒 → 午前0時0分0秒

 

何が起きる?

サマータイム開始時に、急に時間が進む。逆に、サマータイム終了時に、時間が巻き戻る。これは考えただけで、やばいと思わないか?

コンピューターシステムがどうとか、そんなレベルじゃないぞ。普通に生活していて、困るだろ。昔からサマータイムを実施している国や地域でも、切り替え時に混乱が起きるそうだ。それが、日本では、急に来年から始まるってんだ。言い出したやつ、なんも考えてないだろ。

ぱっと思いついた問題を挙げてみるが、どうするよ?

電車に乗るとき、どうするよ?(公共交通機関

サマータイムに切り替わるのは多分深夜時間になるだろうから、現実では公共交通機関はほぼ動いていないだろう。が、分かりやすいので電車で考える。

午前2時50分に、とある駅から発車する電車が時刻表にある。あなたは、その電車に乗りたい。

さて、サマータイム開始日、あなたは駅に何時に着くつもり?

また、サマータイム終了日なら、何時?

睡眠時間、どうする?(生活時間)

サマータイム開始日、あなたは朝の7時に、家を出発しなければいけない用事がある。でも、その前に5時間は寝ておきたい場合、何時に寝る?

バイト代の計算(労働、法律)

深夜勤務のバイトをしているとする。夜22時から朝の6時まで働くとする。サマータイム開始日は、何時間働いたことになる?

逆に、サマータイム終了日は、何時間働いたことになる? そして、最大8時間労働で残業禁止の取り決めがあったら、何時に仕事を終えるつもり? バイト交代の引継ぎは、何時にやる?

時差のある外国とのやり取り(企業活動)

ロシアのモスクワにある企業と取引をしている。毎日、モスクワの時計でみて決まった時刻までに、売り上げ報告をWebサイトにアップロードしている。サマータイム開始日、サマータイム終了日、あなたは日本の時計で何時までに、売り上げ報告を終える?

サマータイム終了日の時間の巻き戻り(検査、研究開発など)

サマータイム終了日、記入時刻が午前1時30分と記された書類が複数あった。記入順に書類を並べる必要があった場合、どうする?

 

ここに挙げた例だと、サマータイム開始日と終了日だけ混乱するようにも受け取れるが、そんなことはない。例えばタイムカードとか書類は、後日になってから問題が判明することも多いだろう。

そんなわけで、サマータイム実施で問題が出たとしても、時計やコンピューターシステムだけだと思っている人たち、そんなレベルの話じゃねーよと。

それで大きな被害が出た場合、だれが保証すんだよ。自己責任か? ばーか。

結論

2020年夏の日本でのサマータイム導入は、絶対反対!!

サマータイムは、思い付きで導入するもんじゃない。何年もかけて慎重に検討して、それでもメリットがあるなら導入するもんだ。

(※結論の冒頭が”来年夏”と誤っており、訂正しました。2018/8/12 0:45)

サマータイム (新潮文庫)

サマータイム (新潮文庫)

 
サマータイム

サマータイム

 

(続報)「ESET」シリーズのWindows向けインストーラーに脆弱性!

ようやくJVN#41452671が公開されたようです。

PCERT/CCのWebサイト

JVN#41452671: キヤノンITソリューションズ株式会社製の複数製品のインストーラにおける DLL 読み込みに関する脆弱性

 キヤノンITソリューションズESETのサポートサイト

eset-support.canon-its.jp

 

JVN#41452671を見ますと、

DLL を読み込む際の検索パスに問題があり、同一ディレクトリに存在する特定の DLL を読み込んでしまう脆弱性 (CWE-427) が存在します。

とあります。

これは、近頃、よく見かける脆弱性ですね。重要なことは、外部の方が発見されたという事。

ESET社またはキヤノンITソリューションズ社が自分たちで、1年以上前(JPCERT/CCの注意喚起の公開日が2017/5/25)から、それなりに有名な脆弱性を発見を出来ていないわけで。猛反省して欲しいです。

JVNTA#91240916: Windows アプリケーションによる DLL 読み込みやコマンド実行に関する問題

 

ESET製品は、国や地域ごとに代理店がローカライズして販売しているようなので、日本固有の問題なのかな。USサイトとかをざっと覗いてみましたが、同じ脆弱性の記述を見つけられませんでした。(見落としたとしたらスミマセン)

「ESET」シリーズのWindows向けインストーラーに脆弱性!

ちょっと、ちょっと、ちょっと~!!

「ESET」シリーズのWindows向けインストーラーに脆弱性だって!

eset-support.canon-its.jp

forest.watch.impress.co.jp

この脆弱性って、ちょいちょい聞くやつじゃないの??

www.ipa.go.jp

JVN#41452671

脆弱性レポートが、まだJVNのサイトに公開されていないので(2018/7/20 9時 時点)、なんとも言えません。でも、もし原因がよく聞くやつだったら、ESETの信頼性はダダ下がりですわ。

ここ最近、Windows10の大型アップデートが公開されるまでに、ESETの対応が間に合ってなくて、Windows Updateの適用を止めるように気を使ったこともありますし。本家(開発元)バージョンは間に合っていて、日本語バージョンが間に合わずってのも。ねぇ。

とりあえずの対応

私は、古いインストーラーを消さずに、そのまま放置する癖があります。何かの拍子で起動させたらまずいので、探し出して消しておきました。もし、ESETを入れ直すことがあっても、最新版を公式サイトからダウンロードすればいいしね。

ということで、皆さんも、PCをお掃除しておきましょう。

あ、パッケージ製品のCD-ROMをお持ちの方は、CDーROM自身に注意書きでもしておいたらどうでしょうか。(私はCD-ROM版を持っていないので、CD-ROMを廃棄しても問題ないかは確認できません。そちらの自己責任でお願いします。)

重力は幻想かも?? ~ 大栗博司 「重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る」

2018年初のエントリ。随分とブログを更新していなかったことに、自分でも驚いています。

 

近頃読んだ、サイエンス系の書籍から。

物理学と言えば、原子が原子核と電子で出来ていて、原子核も「なんとか」子から出来ていて、そのなんとかもクォーク?から出来ている。そんなレベルの知識しか持ち合わせていなかったのですが、それでもSFが好きな関係で、サイエンス系も好きなんです。

重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る (幻冬舎新書)

重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る (幻冬舎新書)

 

サイエンス系の本や記事は、一般向けに分かりやすく思わせるため「ごまかし」をしているか、難解で理解が難しいか、この両極端などちらかであることが多々あるような気がしています。もちろんこれは個人的な印象で、統計を取るとそうではないはずです。多分、私の脳の働きによる偏りでしょう。

midqq.hateblo.jp

さて、タイトルに挙げた本ですが、「はじめに」の章に、次のように書かれています。(赤字の箇所は、私によるものです)

相対論の啓蒙書は数多く出版されていますが、本書はそうした本を読んでいなくても分かるように書きました。そのときに心がけたのは、「ごまかしをしない」ということ。(中略)丁寧に解説したので、全部理解しようとすると、かえってつまずきそうになるかもしれません。そんなときには、とりあえず次の節まで読み飛ばしても結構です。後から読み直すと、「そういうことだったのか」とわかることもあるかもしれません。

読後の感想ですが、まさにここに書かれているとおりでした。読書中、ちょっと理解が難しいなあと思っても、読むのを止めてしまうのではなく、次に進もうと思えるのは、とっても良いことだと思うんです。そうして、なんとか読破出来ました。全部理解は出来ていないと思うのですが、興味深いことをいくつも知ることが出来ました。

重力って身近に何気なく存在して、日ごろ気にも留めませんが、こんな面白いことだったんだって。重力は幻想であるとか、ブラックホール素粒子クォークなど)より微細な世界を観察するのを妨げるとか、キリがないです。

ちなみに、スマホが普及してGPSの利用もごく一般になっていますが、重力研究から編み出されたアインシュタインの相対論がなければ、正確に距離を測定できないという事も、この本で知りました。

へえ~、世の中の役に立たないと思える理論物理学も、実はこんなふうに役立ってるんだって。すごいね。

強い力と弱い力 ヒッグス粒子が宇宙にかけた魔法を解く (幻冬舎新書)

強い力と弱い力 ヒッグス粒子が宇宙にかけた魔法を解く (幻冬舎新書)

 
大栗先生の超弦理論入門 (ブルーバックス)

大栗先生の超弦理論入門 (ブルーバックス)